パソコン用レンズの情報ページTOP > 製品一覧 > レブラ M-POSレンズ

 M-POSレンズは光路差を利用した光学的空間フィルターを搭載する事により自然環をコントロールして快適な見え方を追求した画期的な次世代メガネレンズです。
●M-POS(エムポス)
 = Multi Purpose Opt Solution Lens(マルチパーパスオプトソリューションレンズ)


 レンズにRAP加工(Ray Adjust Point加工)という特殊な加工を施し一部の刺激光を和らげ、眼への刺激・疲労を軽減します。これに伴い鮮明度・輪郭・コントラストなども向上し「目に優しくより鮮明な見え方」を実現しています。

 RAP加工レンズの大きな特徴は、レンズ本体に一定の深さと均等間隔を保った微小な凹凸を形成形状し、その表面にハードコート、反射防止コート、及び高撥水処理コートを施した特殊加工レンズです。
 この特殊技法(RAP加工=Ray Adjust Point加工)による形成が光路差を生み出して、「位相差」「回析」「干渉」という三つの光の特性現象を引き出します。この現象を利用することで、無色レンズでありながら紫外線はもとより光密度の高い刺激的短波光を減少させています。 刺激の大きい短波光の緩和は、コントラスト向上をもたらし眼の緊張を和らげます。
 これらの効果により、OA機器操作時のディスプレイのチラツキ、運転走行時の眩しさ、白内障患者の術前術後の光過敏や鮮明感不足などによる眼精疲労の予防に役立ちます。

 RAP加工(Ray Adjust Point加工)は、レンズの内面側に施してあり対面側から見た場合、ほとんど気がつかず違和感を感じさせません。

 M-POSに搭載されている光学的空間フィルターは、波動光学に基づいて設計された特殊加工(RAP加工)によって実現されています。 特殊加工(RAP加工)とはレンズ基材に独自形状の微細な凹凸をドット状に一定の繰り返しピッチで多数形成する加工の事を言います。
光がこれらのドットを透過することにより光に光路差が生じ波長別の位相差を発生させます。これより上記の光学的空間フィルターの機能を実現しています。

 この光学的空間フィルターの設計により、眼の最大感度波長である550nmの分解能を確保し、眼への刺激が大きい低波長の網膜上密度を低減させます。 特に斜めから入射する光束に対するグレア光や眩しさ等、減光効果に有用性が高く視界鮮明度強化に結びつきます。
 M-POSレンズは、光の干渉・回折により刺激の強い光について選択的に網膜上での光密度を低減し刺激光を和らげ優しい光に変換します。
M-POSはこんな方にオススメです。
  • 曇天でも、とにかく日ごろ眩しさが気になる方。
  • 夜間に細かな作業仕事が多い方。
  • 車の運転時、夕日やヘッドライトで前が見えづらく感じる方。長時間の運転をされる方。
  • 特に雨天や夜間の運転は路面が見づらくて疲れを感じる方。
  • パソコンやスマホとの長時間対面で、眼の疲れが激しい方。
  • ドライアイで涙液が乾燥しやすく、細かな作業が苦痛になる方。
  • レーシック術後、視界にスッキリ感が無く物足りなさを感じる方。
  • 白内障手術後、夜間見づらかったり、色感や眩しさで不満がある方。
  • 医療関係で手術を手掛けるドクター。
神保町店と曙橋店にサンプルを用意しています。ご興味のある方はご覧になって下さい。

※上の写真の見本カラーは「M-POS専用カラー」です。
※通常カラーは「アリアーテトレス25%」まで対応出来ます。
レブラ M-POSレンズの価格はコチラ